文学批評と研究

文学表現全体の総合的な研究

平野啓一郎『マチネの終わりに』運命の出会いから始まった大人の切ない恋物語

世界的なクラシック・ギタリストの蒔野聡史と、国際舞台で活躍するジャーナリスト・小峰洋子。本作は、この魅力溢れる二人の恋物語である。世界で活躍できるような、特別な二人の恋物語であるが、心を打たれる作品であった。

 

出会ったときの彼らの年齢は、蒔野聡史が38歳で、小峰洋子が40歳。蒔野聡史は独身であったが、小峰洋子にはフィアンセがいた。
2006年、コンサートを終えた蒔野聡史は、関係者から小峰洋子を紹介された。意気投合した二人は、連絡先を交換する。会話を重ねる度に、お互いに運命の人と、確信するようになる。愛情が高まる一方だが、二人には時間がない。
遂に蒔野聡史は、小峰洋子へ抑えられない愛の告白をし、小峰洋子もまたフィアンセとの婚約解消の決断をする。
そんな矢先、不運な出来事が重なってしまう。そして、悲痛な結果をもたらした。二人は、お互いに真相を知らないまま、それぞれの人生を送る。

もうやり直せないとしても、真相を知ることができたのは、救いになったと思う。漸く再会できたのは、五年半の歳月が流れてから。どのような言葉を交わしたのかは書かれていない。本作を読み終えてから、想像してみるとよいと思う。
妻がいて、子供が生まれていても、二人きりで会ったことは許されるだろう。大人の切ない恋物語として、幕を閉じた。

本筋は、切ない恋物語だが、この期間に世界で起こった出来事にも触れながら物語は進む。平野啓一郎さんは、本作の執筆にあたり、数多くの書籍を参考資料として読み込み、協力者への取材を重ねている。
それらも、本作の優れたところ。読み応えのある小説であった。

蒔野聡史と小峰洋子とが惹かれ合う理由だけでなく、特にジャーナリストである小峰洋子の視点は興味深い。結婚した経済学者・リチャードら、登場人物との会話などには考えさせられることが多い。
蒔野聡史もまた、超一流の芸術家でありながら、恩師への恩を決して忘れない人であり、周囲への気遣いができ、陽気なところが魅力的であった。
二人は、お互いを運命の人と感じ、精神的な面で確かめ合い、結婚することを願った。それを成し遂げようとする過程は、常識の範囲であったが、成し遂げられなかった。五年半の歳月が流れてから再会した二人には、話したいことが山ほどあったであろう。