文学の嗜み

文学表現全体の総合的な研究

映画『勝手にふるえてろ』オタク系女子のラブコメディー

 

主人公は24歳のOL・江藤良香(ヨシカ/松岡茉優)。
ヨシカの仕事は経理。
ヨシカは中学時代の同級生・一宮(イチ/北村匠海)に10年間片思いをしている。
一宮の愛称は“イチ”。
片思いと言っても、中学時代に同級生だったときも、ほとんど口を聞いたことはない。
ヨシカは、妄想の中でイチを召喚することを楽しんでいる。
ヨシカの趣味は、絶滅した動物について調べること。
夜通し調べたり、博物館からアンモナイトを払い下げてもらったりしている。

そんなヨシカの前に、熱烈にアプローチしてくれる男性が現れた。
彼は会社の同期の霧島(二/渡辺大知)。
霧島は営業二課所属。
ヨシカは男性から告白されるのが初めてであった。

ヨシカは、霧島が経理に出した書類を訂正したときのことを思い出し、霧島のことを“二”と名付けた。
ヨシカは、人生で初めて告白され、最初はテンションが上がるが、デートをしてもあまり乗り切れない。
もともと霧島は、ヨシカにとって好みの男性ではなかった。

ヨシカは、現在の“イチ”に会ってみたいという気持ちが強まる。
そして同窓会を計画する。
しかし、自分が幹事になったり、同級生に声を掛けたりすることはできない。
そこで海外にいる同級生の名前で勝手にアカウントを作り、同級生の名を騙るという方法を取る。
そして嘘はばれずに、地元で同窓会は開かれた。

“イチ”の母親からの情報で、ヨシカは“イチ”が東京で働いていることを知っていた。
ヨシカは東京に住んでいるメンバーが集まって、東京でもう一度会を開くことを提案し受け入れられる。
こうしてヨシカは“イチ”とじっくりと話す機会を自ら作ることができた。
果たして“イチ”はヨシカにどういった反応を示すのか。

またもう一人の恋愛相手の“二”は、ヨシカに対してつき合ってほしいとアプローチを続けていた。
“二”に対してのヨシカの態度はそっけないが、心が揺れる。

ヨシカは、二人の間で揺れながら、“イチ”との再会では現実を目の当たりにし、“二”に対しては些細なことで感情的になる。
自分勝手なヨシカは、現実を直視し運命を切り開くことができるのか。

監督・脚本を大九明子さんが務めた。

原作は綿矢りささんの同名小説『勝手にふるえてろ』(文藝春秋刊, 2010年8月)