文学の嗜み

文学表現全体の総合的な研究

誉田哲也『ノーマンズランド』長かった20年という歳月、願いが叶わぬことを知ったとき

 

葛飾区青戸三丁目のマンションの一室で、女子大生の遺体が発見された。被害者は、この部屋の住人であり、大学へ通うために親元を離れて一人暮らしをしていた女性。発見者は被害者の大学の友人およびマンションの管理人。
葛飾署に特別捜査本部が設置され、姫川玲子の所属する警視庁刑事部捜査一課殺人犯第十一係が加わり、捜査にあたることになった。

被害者の部屋に残る指紋・掌紋を採取し照合したところ、前科者と一致。姫川らは張り込みを開始しようとしたが、その被疑者は、すでに別件の殺人事件の容疑で逮捕され、留置所に。だが、その別件による逮捕や取り調べには不可解な点が……。不審に思った姫川は、行動に移り、隠された真実、隠蔽されようとした殺人事件の真実を突き止める。

死体検案書の写真や供述調書が捏造された理由。国家間でなければ解決できない社会問題。北朝鮮による拉致事件。
拉致被害者家族の自宅には、部屋を埋め尽くすほどの、拉致被害に関する資料があった。非現実的と分かっていても、自衛隊員となって被害者を北朝鮮から救出したいと願う若者。いつかその願いが叶うかもしれない。別の形で役に立つかもしれない。

拉致のような人権侵害を犯す国家が、現代日本の隣国にある。しかも日本が標的にされた。国家間で解決できないなら……。もし北朝鮮の工作員や、日本に潜伏する北朝鮮による拉致への協力者に出くわしたら……。目には目を、歯には歯を。

本作は姫川玲子シリーズの9作目。初版発売は2017年。主人公の女刑事、姫川玲子は、捜査一課殺人犯第十一係担当主任。階級は警部補。本書での年齢は35歳。

本作の冒頭は、ある男による一人の女性についての回想シーンで始まる。彼女を知ったのは中学生の時。二人は別々の中学ではあったが、二人ともバレーボール部に所属していた。そしてバレーボールの強豪校に進学した二人は、同じ高校のバレーボール部に所属し、親しくなった。
この二十年前の出会いがすべての始まり。