文学批評と研究

文学表現全体の総合的な研究

映画『羊と鋼の森』主人公のひたむきさと周囲の温かさに感銘

 

映画『羊と鋼の森』は、主人公の外村直樹が高校生のときに偶然知った調律師の仕事に魅せられてゆく物語。
ピアノの鍵盤を押すと、羊の毛で作られたハンマーが、鋼の弦をたたく。

外村直樹は、高校生のときに調律師の板鳥宗一郎に出会い、調律の世界に魅せられる。
外村直樹は、板鳥宗一郎が調律したピアノの音に、生まれ故郷の森の匂いを感じた。
外村家は、直樹の祖父が林業を始めたため、北海道の森の中に家がある。
外村直樹は、親に胸の内を告げ、高校卒業後に東京にあるピアノ調律の専門学校に通わせてもらう。
そして、憧れの板鳥もいる江藤楽器という楽器店に就職した。

外村直樹役を山﨑賢人さん、板鳥宗一郎役を三浦友和さんが演じた。
江藤楽器には、板鳥宗一郎のほか、外村直樹の教育係となる柳伸二や、ピアニストを諦めた秋野匡史らの先輩調律師がいる。
それから事務員として北川みずきが働いている。
柳伸二役を鈴木亮平さん、秋野匡史役を光石研さん、北川みずき役を堀内敬子さんが演じた。

外村直樹は、入社後しばらく、柳伸二の調律に同行する。
その中に、ピアニストの高校生姉妹が住む佐倉家がある。
姉の和音役と妹の由仁役を、実の姉妹である上白石萌音さんと上白石萌歌さんが演じた。

新米調律師の外村直樹は、多くの人に支えられながら、ひたむきに仕事に向かい成長していく。

教育係となった柳伸二は、外村を優しく、時には厳しく、指導する。

落ち込んでいる外村直樹が、どうすれば調律が上手くなるのか、板鳥宗一郎に相談するシーンがある。
その時に板鳥は、原民喜の随筆『沙漠の花』の一節を引用する。

明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体

板鳥宗一郎は、外村直樹に調律も同じ事が言えると伝える。
この劇中引用は、印象に残るシーンのひとつになった。

原民喜の『沙漠の花』では、次のように続く。

……私はこんな文体に憧れている。だが結局、文体はそれをつくりだす心の反映でしかないのだろう。

この映画の原作は、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』(文藝春秋)。
監督は橋本光二郎さん。
脚本は金子ありささん。
映画『羊と鋼の森』は、2018年に公開された。

原作は宮下奈都さんの同名小説『羊と鋼の森』(文藝春秋, 2015年9月)