文学の嗜み

文学表現全体の総合的な研究

映画『半落ち』被告の元警察官が守りたかったのは

 

映画『半落ち』は、アルツハイマー病の妻から懇願され、嘱託殺人の重罪を犯した現役警察官が自首し、裁判が結審するまでを描いた物語。
半落ちとは、容疑者が一部自供するも、完全に自供していない状態を指す警察用語。
完全に自供すれば、完落ちとなる。

現役警察官・梶聡一郎(寺尾聰)は、アルツハイマーの病状が進む妻・啓子(原田美枝子)から、殺して欲しいと懇願され、扼殺してしまう。
梶聡一郎は、首を吊って後追い自殺するつもりであったが、事件の3日後に警察署に出頭した。
警察の取り調べの中で、事件発生から出頭するまでの2日間のことになると、梶聡一郎はなぜか口を閉ざす。

家宅捜索で警察が押収した証拠品のなかには、歌舞伎町で配られたポケットティッシュがあった。
県警幹部は、2日間の真相が明かされないまま、嘱託殺人としての処理を急ぐ。
取調を担当した捜査一課強行犯係指導官・志木和正(柴田恭兵)は、県警幹部の指示により、納得がいかないまま、半ば誘導尋問のような取り調べをしてしまう。
正義感の強い志木刑事は、我に返り、真相を究明しようとするが、容疑者の梶聡一郎は警察の立場を察し、死に場所を探していたと嘘の自供をする。
志木刑事は、自責の念に駆られ、個人的に捜査を続ける。

そんな中、容疑者の梶聡一郎が新幹線のプラットフォームで目撃されたという情報が寄せられ、新聞記事に載る。
この事件を担当することになった検察官の佐瀬銛男(伊原剛志)は、2日間の行動に関する梶聡一郎の供述に疑問を持ち、捏造を疑う。
しかし、検察と警察の裏取引があり、ほどなく立件される。

弁護士の植村学(國村隼)は、梶聡一郎の義姉・島村康子(樹木希林)を訪ね、梶聡一郎の弁護士となる。
植村学は、アルツハイマー病の症状が進んでゆく亡き啓子のことや、梶夫妻のひとり息子が7年前に急性骨髄性白血病で亡くなったことを知る。

東洋新聞の中尾洋子(鶴田真由)は、警察の捏造や検察と警察の裏取引を暴こうと取材を続けるなかで、梶聡一郎の2日間の真相を究明するための手掛かりを掴む。

志木刑事もまた、個人的な捜査により、梶聡一郎の2日間の行動を突き止める。

そして空白の2日間の真相は、次第に明かされてゆく。
梶聡一郎が半分しか語らかなかったことには、理由があった。

この事件を担当することになった裁判官特例判事補の藤林圭吾(吉岡秀隆)は、警察発表に疑念を持ちつつ、初公判に臨むことになった。
裁判官の藤林圭吾は、開廷する前に検察官の佐瀬と梶の弁護士・植村学に対し、2日間のことを質問する。
しかし裁判長の辻内(本田博太郎)からは、嘱託殺人であることには変わりない、と言動を注意される。
また、藤林圭吾の父親は高名な裁判官であったが、アルツハイマー病を患っており、妻と二人で自宅介護をしていた。
そのため、この事件に関しては特別な思いがある。
藤林圭吾は、病状が進む前の父親が梶の妻のように、殺してくれと自分の妻に頼んでいたことを、妻から聞かされる。
弁護士も検察官も、梶聡一郎の2日間の真相を知り、明らかにしようとする。
しかし梶聡一郎は、ひとりの少年がマスコミに曝されることを恐れ、否定し続けた。
裁判官の藤林圭吾は、アルツハイマー病が進行しても自分の父は生きている、梶被告の行動は許されるものではない、と結論付ける。

検察官は懲役4年を求刑した。
裁判官の藤林圭吾は、検察官の求刑通り懲役4年執行猶予なしの判決を下す。
裁判の帰りに梶被告の乗る護送車が途中で止まった。
カーテンが開けられると、そこには志木刑事と梶被告が守りたかった少年・池上一志(高橋一生)の姿があった。

【作品情報】
監督: 佐々部清
脚本: 田部俊行、佐々部清
出演: 寺尾聰、原田美枝子、柴田恭兵、吉岡秀隆、ほか
配給: 東映
劇場公開日: 2004年1月10日

原作は横山秀夫さんの同名小説『半落ち』(講談社, 2002年9月 )