Sugayan Blog

Written by Sugayan

谷崎潤一郎賞

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』二つ物語がパラレルに進む

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』。第21回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説は40章からなり、「ハードボイルド・ワンダーランド」の章と、「世界の終り」の章が交互に繰り返され、二つの物語はパラレルに進行する。

遠藤周作『沈黙』 江戸時代のキリシタン弾圧を題材にした歴史小説

『沈黙』は、江戸時代のキリシタン弾圧を題材にした歴史小説です。故・遠藤周作氏(1923 - 1996)によって1966年に書き下ろされ、新潮社から刊行されました。江戸時代初期の史実を基にしています。

大江健三郎『万延元年のフットボール』 戦後の日本文学を代表する作品

『万延元年のフットボール』は、ノーベル賞作家である大江健三郎さんの代表作の一つです。大江健三郎さんは、この作品で1967年の第3回谷崎潤一郎賞を受賞しました。度々、戦後の日本文学を代表する作品に挙げられています。