文学の嗜み

文学表現全体の総合的な研究

社会科学

文章術の本についての案内書がAmazonで売れていたので私も購入した

藤吉豊さんと小川真理子さんの共著『「文章術のベストセラー100冊」の ポイントを1冊にまとめてみた。』(日経BP)。Amazonで売れています。文章術の本の案内書としてもおすすめ。

山﨑圭一『一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書』社会人の教養あるいは学び直しにもおすすめ

『一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書』の著者、山﨑圭一さんは、現役の公立高校教師として、YouTubeに日本史や世界史や地理などの社会科目の授業動画を公開して話題になった方です。

山﨑圭一『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』社会人の教養あるいは学び直しにもおすすめ

『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』の著者、山﨑圭一さんは、現役の公立高校教師としてYouTubeに世界史や日本史や地理などの社会科目の授業動画を公開して話題になった方です。

岸見一郎・古賀史健『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』人間関係の悩みを軽減してくれる本

岸見一郎さんと古賀史健さんの共著『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』。人間関係の悩みや負担などを多少なりとも軽減してくれる本。

編集者の視点を持つと文章力は向上する

上野郁江氏の著書『才能に頼らない文章術』。作家やライターが書いた文章術の書籍を、これまで何冊か読んだ。この本は、出版社の元編集者の考えを学ぶことができるので、勉強になる。

紙媒体とWeb媒体の違いを理解して文章を書く

Webライティングでは、Webサイトの特性を知ることが大事だ。福田多美子氏の著書『SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』を読むと、一通りのことを学べる。

速筆になるためのポイントは素材集め

上阪徹氏の『10倍速く書ける 超スピード文章術』(ダイヤモンド社)という本を読んだ。この本には、速筆になるには素材集めが重要と書かれている。正しい素材をひたすら集めて順番に組み立てると、世の中の役に立つ文章を速く書ける。

文章を書くことをもっと楽しむには

田中泰延氏の『読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術』。田中泰延氏によれば、書きたい人がいて、読む人がいる文章のボリュームゾーンは「随筆」とのこと。ネットメディアへ寄稿している一般的なライターは、「随筆」にあたる分野で文…