Sugayan Blog

Written by Sugayan

大江健三郎

ノーベル賞作家・大江健三郎氏が初期に書いた短編小説

大江健三郎氏は、在学時から多くの短編小説を主要な文芸雑誌に発表している。初期の短編小説は、『死者の奢り・飼育』や『見るまえに跳べ』などの短編集で読むことができる。

大江健三郎『万延元年のフットボール』 戦後の日本文学を代表する作品

『万延元年のフットボール』は、ノーベル賞作家である大江健三郎さんの代表作の一つです。大江健三郎さんは、この作品で1967年の第3回谷崎潤一郎賞を受賞しました。度々、戦後の日本文学を代表する作品に挙げられています。