Sugayan Blog

Written by Sugayan

村上龍

村上龍『KYOKO』登場人物も読者も心を打たれてしまう女の子

村上龍さんの書下ろし小説『KYOKO』は、1995年に集英社から刊行された。実は小説『KYOKO』は、村上龍さんが監督・脚本を務めた映画をノベライズした作品。

村上龍『トパーズ』都市の暗部で生きる女の子達

村上龍さんの短篇小説集『トパーズ』は、1988年に角川書店から刊行された。表題作の『トパーズ』のほか、『公園』『受話器』『鼻の曲がった女』『紋白蝶』『ペンライト』『子守り歌』『サムデイ』『OFF』『イルカ』『卵』『バス』の、全部で12篇が収録されて…

村上龍『限りなく透明に近いブルー』 舞台は作者が以前住んでいた街

『限りなく透明に近いブルー』は、村上龍さんが大学在学中に書いたデビュー作です。1976年に群像新人文学賞を受賞し、『群像』に掲載されました。そして、その年の第75回芥川賞を受賞しました。