Sugayan Blog

Written by Sugayan

森見登美彦

森見登美彦『夜行』夢幻の境をさまよう物語

森見登美彦さんの小説『夜行』。出版元の情報を見ると、怪談と青春とファンタジーの3語がキーワードになっていた。学生時代からの仲間が登場人物であり、京都の宿で皆が奇妙な話を語る。全体的にはファンタジー小説としての印象が強く残る。