文学の嗜み

文学表現全体の総合的な研究

誉田哲也

誉田哲也『背中の蜘蛛』国家による監視社会を題材にした警察小説

誉田哲也さんの長編小説『背中の蜘蛛』は、国家による監視社会を題材にした警察小説。第162回直木賞の候補作。本作は、元CIA職員が暴露した、アメリカ合衆国連邦政府による個人情報監視の実態を題材にしている。

誉田哲也『ノーマンズランド』長かった20年という歳月、願いが叶わぬことを知ったとき

誉田哲也さんの『ノーマンズランド』。長かった20年という歳月、願いが叶わぬことを知ったとき。

誉田哲也さんの警察小説、姫川玲子シリーズ

誉田哲也さんの姫川玲子シリーズは、2006年から2017年にかけて、光文社より9巻が発売されています。ジャンルは、警察小説あるいは推理小説。誉田哲也さんは、第1作の『ストロベリーナイト』に続き、次々と「姫川玲子シリーズ」の作品を発表してきました。

誉田哲也『インビジブルレイン』極道に恋心を抱いてしまう玲子

誉田哲也さんの『インビジブルレイン』。マンガ喫茶でアルバイトをする柳井健斗には、悲劇的な過去がある。柳井健斗の家族は、全員が亡くなった。柳井健斗の復讐劇に、暴力団の利権や複雑な人間関係が影響しながら、一連の事件は起こる。