文学の嗜み

文学表現全体の総合的な研究

東野圭吾

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』複雑に絡み合ういくつもの謎は加賀恭一郎の母にも繋がっていた

東野圭吾さんの『祈りの幕が下りる時』。複雑に絡み合ういくつもの謎は、加賀恭一郎の母にも繋がっていた。

東野圭吾『沈黙のパレード』共犯者の誰も知らなかった隠れた真実

東野圭吾さんの『沈黙のパレード』。共犯者の誰も知らなかった隠れた真実。

東野圭吾『放課後』、1985年に江戸川乱歩賞を受賞したデビュー作

東野圭吾さんの『放課後』は、1985年の第31回江戸川乱歩賞受賞作。女子高を舞台にした学園ミステリーである。東野圭吾さんは、この作品で作家デビューを果たした。

東野圭吾さんの『あの頃の誰か』わけあり物件を集めた短編集!?

東野圭吾さんの短編集『あの頃の誰か』には、シリーズものでない8編が収められている。本書は、当初から文庫判として発売された。東野圭吾さんによれば、「わけあり物件」が収録されているとのことである。

東野圭吾『容疑者Xの献身』この世に存在することさえ知らなかった愛情表現とは

東野圭吾さんのミステリー小説『容疑者Xの献身』は、第134回直木賞を受けたほか、この年の数多くのミステリー系文学賞を受賞している。多方面から高い評価を受けた作品だ。

東野圭吾『探偵ガリレオ』、1998年刊行の人気シリーズ第1弾

ミステリー小説の短編集『探偵ガリレオ』は、1998年5月に文藝春秋から単行本が刊行された、東野圭吾さんの著作で、ガリレオシリーズの第1弾。

東野圭吾『卒業』、作家デビュー2作目であり、人気シリーズの第1弾

東野圭吾さんの推理小説『卒業』は、1986年に講談社から単行本として刊行された。人気シリーズとなった加賀恭一郎シリーズの第1弾である。第2弾の『眠りの森』以降は、加賀恭一郎は刑事となっているが、『卒業』の時点では大学四年生。

東野圭吾『白夜行』小説では雪穂と亮司の繋がりは謎だらけ

『白夜行』は、東野圭吾さんの代表作のひとつと言える長編ミステリー。叙事詩的と評されることも多い。『小説すばる』には連作短編として掲載されていたため、長編小説として単行本化する際は構成し直している。精緻な構成の評価は高い。