Sugayan Blog

Written by Sugayan

澤田瞳子『星落ちて、なお』明治から昭和初期に実在した女絵師がモデルの時代小説

澤田瞳子さんの『星落ちて、なお』は、第165回直木賞受賞作である。『別冊文藝春秋』に掲載された連載小説が、単行本化され直木賞を受賞した。明治から大正の、東京を舞台に、実在した女絵師をモデルにし、彼女の人生を一代記として書いている。

馳星周『少年と犬』多聞と名付けられた犬と、旅先で出会った人々の話

馳星周さんの『少年と犬』は、第163回直木賞受賞作である。連作短編として、娯楽小説誌「オール讀物」に掲載された6話からなる。多聞と名付けられた犬の旅が、ひとつの物語として完結する。

誉田哲也『背中の蜘蛛』国家による監視社会を題材にした警察小説

誉田哲也さんの長編小説『背中の蜘蛛』は、国家による監視社会を題材にした警察小説。第162回直木賞の候補作。本作は、元CIA職員が暴露した、アメリカ合衆国連邦政府による個人情報監視の実態を題材にしている。

乗代雄介『旅する練習』完成度の高いメタ構造、喪失感が残る結末

乗代雄介さんの『旅する練習』は、第34回三島賞受賞作。第164回芥川賞の候補作でもある。風景描写によるメタフィクションなど、構造の完成度の高さに評価が集まった模様。

佐藤究『テスカトリポカ』直木賞・山本周五郎賞W受賞のクライムノベル

佐藤究さんの長編小説『テスカトリポカ』。直木三十五賞・山本周五郎賞W受賞作。これは17年ぶり史上2度目の快挙である。壮大な物語を完成させるために、相当の資料を読み込み、言葉で描写することに妥協しなかったことが窺える。

橋本陽介『物語論 基礎と応用』形式を重視する研究による作品の解明

文学研究には、「何が書かれているのか」という内容を重視する方法と、「どのように書かれているのか」という形式を重視する方法とがある。

文章術の本についての案内書がAmazonで売れていたので私も購入した

藤吉豊さんと小川真理子さんの共著『「文章術のベストセラー100冊」の ポイントを1冊にまとめてみた。』(日経BP)。Amazonで売れています。文章術の本の案内書としてもおすすめ。